主婦が活躍!福祉住環境コーディネーター資格の取得&活用方法

福祉住環境コーディネーターとは?

現在自宅で介護を必要としている高齢者が6割以上になり、施設で暮らす高齢者の数を上回っています。

介護が必要な高齢者が自宅で快適に過ごすためには、適切な住宅環境が整っていなければなりません。
そこで、重要な役割を担うのが福祉住環境コーディネーターなのです。

建築家のように直接手すりをつけたり住宅を改築したりするのではなく、介護を必要としている高齢者の住環境をより良くし、安全に暮らせるようにアドバイスや関係機関との調整を行うのが仕事です。

主婦にもピッタリ!お仕事内容

主婦資格_福祉住環境コーディネーター02
福祉住環境コーディネーターの役割は多岐に渡ります。
その中でも、主な仕事内容は以下の通りです。

手すりをつけるため関係機関と連絡調整

介護を必要とする高齢者の住宅に必要不可欠なのが、廊下等につける手すり。
必要な箇所を確認し、実際に必要な長さのてすりを関係機関に手配します。

段差解消のため建築会社に依頼

高齢者が住んでいる家は築年数が経っている場合が多く、いたる所に段差があります。
建築会社と連携を図り、段差を解消できるようにします。

トイレの住宅改修を依頼

高齢者の自宅で、一番住宅改修が必要なのがトイレです。
トイレには色々な種類の手すりをつけなければいけませんし、広くするための工事も必要となります。
これらの調整をするのも、福祉住宅コーディネーターの仕事です。

車椅子のメンテナンス

ブレーキが効くか、タイヤの空気圧は入っているか、サビはないかなどのメンテナンスを行います。
高齢者に適した車椅子なのかどうか、多くの視点で適切なアドバイスをします。

福祉住環境コーディネーターの資格・種類と級

福祉住環境コーディネーターの資格は東京商工会議所が運営している検定資格です。

3級を受けずにいきなり2級から受けることは可能ですが、2級を合格していなければ1級を受けることは出来ません。
平成26年度の合格率は、3級で60%、2級で40%、1級で7%となっています。
1級の合格率が極端に低いのは、建築関係の問題が多いため、福祉関係の仕事をする人にとっては非常に難解な問題となっているからです。

試験に合格した後は、申請する事によって商工会議所から合格証が届きます。合格証はカードタイプで携帯も可能な物となっています。

福祉住環境コーディネーター検定試験(東京商工会議所主催)

3級 福祉住環境整備に関する基礎知識を身につけられます。
2級 基礎知識の習得とともに、各専門分野と連携して解決策を提案する実務能力が身につけられます。
1級 個人の住宅はもちろん、社会福祉施設や福祉に焦点を当てた街づくりなど、幅広い住環境整備に関する知識と技術が得られます。

受験資格・受験料は?いつどこで受けられるの?

【受験料】3級 4,320円
2級 6,480円
1級 10,800円
【受験資格】学歴・性別・年齢・国籍の制限なし
2級からでも、2・3級と合わせて受けることも可能
【日程】毎年7月、11月中旬(全国共通)
【会場】全国の商工会議所

資格取得するための方法

スクールで学ぶ

主に2級と1級の受験者に対応して行っています。

福祉・医療に限らず、建築の専門家による抗議や、過去問を集中的に実施。
その場で解答説明もしてくれるので、知識が身に付きやすいのもポイント。

より実践的な内容を学べるので、資格取得後すぐに働きたいという主婦の方にはとても良い勉強方法です。

 費用の目安受講期間の目安
2級約50,000円~6ヶ月~1年
1級約70,000円~6ヶ月~1年

通信教育で学ぶ

代表的な通信講座として、東京商工会議所が運営している講座があります。
福祉住環境コーディネーター試験を実施しているのも東京商工会議所なので、過去問や実際試験に出そうな予想問題も出題される有益な講座となっています。

もちろんそれ以外にもさまざまな通信講座があるので、それぞれの特徴を見極め自分に合ったものを選んでください。
試験まで時間のない方や、子育て中で多忙な主婦の方にも効果的な勉強方法です。

 費用の目安受講期間の目安
3級21,600円3ヶ月~6ヶ月
2級45,360円6ヶ月~1年
1級66,960円6ヶ月~1年

独学で学ぶ

自身で過去問題集や予想問題集を購入し、学習計画をたてて勉強する方法です。
独学で勉強するには自分の強い意志が必要となり、限られた時間で集中的に行う必要があります。
3級程度の問題であれば独学でも可能ですが、2級、1級となると、福祉の知識だけではなく建築関係の知識も必要となるので困難を要します。

費用の目安3,000円~(参考書代)
受講期間の目安3級 3ヶ月~6ヶ月
2級 6ヶ月~1年
1級 6ヶ月~1年

資格取得後、どこで資格を生かせるの?

主婦資格_福祉住環境コーディネーター01
希望する仕事内容によって、資格取得後どういった会社に就職するかが大きく変わってきます。
介護の現場で働いた経験のある方は自身のスキルアップと知識の向上のために取得し、同様場所へ就職することがほとんどです。

代表的な就職先のひとつが、福祉用具を専門に扱っている会社。
実際、福祉用具の会社で主婦の方が活躍している場面も多くみられます。
その理由は、女性ならではの繊細な視点が評価される部分や、主婦のお客様が話しかけやすいということ。
この事実が企業側が主婦を採用するメリットにもなっています。

 

空いた時間に見れる!
スマホで見れる動画レッスンが人気です

福祉住環境コーディネーター

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ