主婦の再就職に有利!介護事務資格の取得で即戦力としてアピール

介護事務資格とは?

介護事務
介護事務とは、介護サービスを提供する施設から保険機関などへ提出する介護報酬給付請求書「レセプト」の作成、介護施設での受付業務など、介護施設における事務的な業務全般を担当するものです。

国家資格ではないので持ってないと働けないわけではありませんが、資格を持っているということはきちんと学んだという証明になるので、やはり就職には有利といえます。

介護事務資格の種類

ひとくちに介護事務といってもいろいろな種類があり、現在「介護事務」の資格として取得できるのは以下の6つです。

ケアクラーク

居宅介護サービス機関や介護保険施設等における事務、窓口業務、居宅サービス・施設サービス報酬請求事務(レセプト作成)など

介護事務管理士

介護サービスを提供する事業所での費用の請求(レセプト作成)、ケアマネージャーの業務のサポートなど

介護事務実務士

介護サービスにおける報酬の算定・請求業務(レセプト作成)、受付事務など

介護保険事務士(上級資格あり)

介護給付費請求事務(レセプト作成)、給付管理事務のエキスパート業務など

介護保険事務管理士

介護給付費請求事務(レセプト作成)、介護施設の経営・利用者に対するサービスについて施設者に適切なアドバイスなど

介護管理専門秘書検定資格

介護報酬請求に加え、介護福祉制度、ケアマネージャーのサポート、利用者への対応、要介護者や事業所で働く者のメンタルケアなど

受験資格・受験料は?いつどこで受けられるの?

資格受験資格受験日程受験会場と
受験料
ケアクラーク技能認定試験
(一般財団法人 日本医療教育財団)
特になし年6回(4月、6月、8月、10月、12月、2月)各都道府県内の公共施設など
6,700円
介護事務管理士
(技能認定振興協会)
特になし奇数月の第4土曜日全国各地(協会にお問い合わせください)
5,700円
介護事務実務士
(医療福祉情報実務能力協会)
特になし年2回(7月、12月) 在宅試験
7,700円
介護保険事務士
(一般財団法人 つしま医療福祉研究財団)
財団が開設を認可した大学、短大、専門学校で「介護保険事務士養成講座」を履修し、認定試験に合格した者に認定
介護保険事務士上級認定資格介護保険事務士資格付与の募集校(大学、短期大学、専門学校)で履修した者(※1)講座実施施設の指定した日当該講座実施施設
なし(受講料に含まれる)
介護保険事務管理士
(一般財団法人 日本病院管理教育協会)
日本病院管理教育協会が指定した教育指定校に通学した者(※2)年2回(11月、12月)当該講座実施施設
7,000円
介護管理専門秘書検定資格
(一般財団法人 日本能力開発推進協会JADP)
当該協会定の認定教育機関等が行う教育訓練において全カリキュラムを修了した者随時在宅
3,500円

(※1)介護事業所等に勤務する社会人対象の「介護保険事務士上級講座」講座を履修し、認定試験に合格した者を「介護保険事務士上級」認定
(※2)協会が指定した教育指定校で介護事務に必要な専門知識を養い、年に2回行われる資格認定試験に合格後、資格の認定申請が必要

資格取得するための方法

スクールで学ぶ

通学して直接講座を受けるものです。
介護報酬の書類作成は、専門用語を覚えたり、計算の仕方を覚えたりしなければなりません。
わからないことがあればすぐに講師に質問できるのは通学ならではのメリットといえます。
また集中して学習することができるので、短期間で資格取得を目指せます。
また、資格によっては通学が必須のものがあります。

費用の目安約30,000~70,000円
期間の目安半月から2ヶ月くらいが目安

通信教育で学ぶ

小さい子どもがいるなどの理由で通学は難しい方におすすめの通信講座。
通学に比べると時間はかかるかもしれませんが、マイペースに学習を進めることができます。
難しいレセプト作成の学習など、疑問点が合った場合にメールなどで質問できるので間違って覚えるなどのミスを防ぐことができます。

費用の目安約30,000~40,000円
期間の目安4ヶ月くらいが目安

通信教育で学ぶ

テキストなどを購入して、自分で学習する方法です。
レセプト作成の練習などでつまづいた時など、自分で解決しなければならないので大変ですが、そのぶん確かな力がつくともいえます。
費用がかからず、自分のペースで進めることできます。
モチベーションが下がるのを防げれば、独学でも十分狙える資格です。

費用の目安テキスト代、平均1,500円程度が必要です。
診療報酬請求の実技があるため、その問題集など(1,600円程度)も必要になります。
期間の目安4ヶ月以上が目安が目安

資格取得後、どこで資格を活かせるの?

ほとんどの介護事務の資格は実務経験なしでも取得できます。
またデスクワークが中心となるので、年齢に関係なく働ける、結婚や出産後の復帰がしやすいという理由で注目されています。

超高齢社会の中で介護福祉施設は増え、介護に関わる資格保有者の需要は高まっています。
資格取得することで即戦力として就職に有利になります。

 

空いた時間に見れる!
スマホで見れる動画レッスンが人気です

ユーキャンの介護事務講座

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ