就職にも家計にも役立つ!ファイナンシャルプランナー(FP)資格を解説

ファイナンシャルプランナー資格とは?

ファイナンシャルプランナー(以下FP)とは、依頼人の預貯金、所有する不動産、年収などの資産状況や家族構成などの情報から保険、子どもの教育資金、年金など資産計画のアドバイスやサポートを行う専門家です。

身近なところで言えば、家計の見直し相談や介護、医療、老後の生活設計、住宅資金や住宅ローンなどについてのアドバイスなどを行います。

ファイナンシャルプランナーの資格・種類と級

ファイナンシャルプランナーFPの資格には、
・国家資格であるファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)1級~3級
・民間資格であるCFP(米国CFPボードと提携している日本FP協会)
・AFP(日本FP協会)
以上の3種類があります。

それぞれの関係が特殊で、FP技能検定3級→2級→1級またAFP→CFPという順にステップアップできるほか、2級FP技能検定はAFP試験と同レベルとされ、2級FP試験はAFP試験も兼ねて実施されています。

難易度としてもFP技能検定3級→2級→1級の順に上がり、AFP→CFPという順に難しくなります。

就職・転職に有利になるのはFP技能士2級以上です。
とくに、CFPはかなり難易度が高く、合格すると国際FPとして認定されます。

どの級でどんなことができるか

FP技能士3級

ライフプランニング、資金計画、リスクマネジメント、金融資産運用、 タックスプランニング、不動産、相続・事業承継についての知識を有しており資産設計提案や個人資産相談など

FP技能士2級およびAFP

ライフプランニング、資金計画、リスクマネジメント、金融資産運用、 タックスプランニング、不動産、相続・事業承継についてより専門的な知識を有しており資産設定提案、個人資産相談、中小事業主資産相談、生保顧客資産相談、損保顧客資産相談など

FP技能士1級

ライフプランニング、資金計画、リスクマネジメント、金融資産運用、 タックスプランニング、不動産、相続・事業承継について高度な知識を有しており資産相談、資産設計提案など

CFP

金融資産運用設計、不動産運用設計、ライフプランニング、リタイアメントプランニング、リスクマネジメント、保険、タックスプランニング、相続・事業承継設計などの高度な知識を有し実務を行える。

専門用語解説

・リスクマネジメント
損失を回避し最小の費用で最大の効果をあげる対策。
たとえば、だれでも不慮の事故や急病で死亡する可能性がありますが、そのときに残された家族のために生命保険に入っておくことなどもリスクマネジメントといえます。

・タックスプランニング
タックスとは「税」のこと。税金についての専門的観点から、合法的な節税対策などの計画をたてること。

 

受験資格・受験料は?いつどこで受けられるの?

・FP技能検定3級
【受験資格】下記のいずれかの該当者
・3級FP技能検定合格者(金融渉外技能審査3級合格者を含む)
・FP業務に関し2年以上の実務経験者
・日本FP協会認定のAFP認定研修の修了者
【受験日程】年3回(1月・5月・9月)
【受験会場】全国各地(日本FP協会にお問い合わせください)
【受験料】学科試験:3,000円
実技試験:3,000円
FP技能検定2級兼AFP資格審査試験

【受験資格】下記のいずれかの該当者
・3級FP技能検定合格者(金融渉外技能審査3級合格者を含む)
・FP業務に関し2年以上の実務経験者
・日本FP協会認定のAFP認定研修の修了者 
【受験日程】年3回(1月・5月・9月)
【受験会場】全国各地(日本FP協会にお問い合わせください)
【受験料】学科試験:4,200円
実技試験:4,500円

※AFPとして登録するには、FP技能検定2級合格に加え「AFP認定研修」を修了する必要があります。

FP技能検定1級
【受験資格】下記のいずれかの該当者
<学科試験>
・2級FP技能検定合格者または、金融渉外技能審査2級合格者でFP業務に関し1年以上の実務経験者
・FP業務に関し5年以上の実務経験者
<実技試験>
・1級学科合格者 
・日本FP協会CFP認定者および合格者
【受験日程】学科試験:金融財政事情研究会(1月・9月)
実技試験:日本FP協会(9月)、金融財政事情研究会(2月・6月)
【受験会場】全国14都市(札幌、仙台、宇都宮、東京、新潟、金沢、静岡、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、熊本、那覇)
【受験料】学科試験:8,900円
実技試験:
・金融財政事情研究会 実施: 25,000円
・日本FP協会 実施:20,000円
CFP
【受験資格】以下のいずれかの該当者
・日本FP協会にAFP登録をしている者
・協会が認めた大学院で、所定の単位の取得をした者
【受験日程】年2回(6月、11月)
【受験会場】全国14都市(札幌、仙台、宇都宮、東京、新潟、金沢、静岡、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、熊本、那覇)
【受験料】6科目あり、1課目5,400円
※複数科目申込みの場合、割引制度有施: 25,000円
・日本FP協会 実施:20,000円
※合格した場合、新規登録料5,000円、年間ライセンス料8,000円、年会費12,000円が必要

ファイナンシャルプランナーの資格・取得するための方法は?

スクールで学ぶ

FP技能士検定2級および3級のためのスクールがほとんどです。
FP技能士1級やCFPはそもそもFP技能士2級(AFP)を持っていることが受験資格となるからです。

スクールで学ぶメリットは講師からの直接指導が受けられることと、同じ目標をもった仲間がいるということ。
学習のモチベーションアップにつながります。

費用の目安FP技能士2、3級同時:10万円~15万円程度
2級または3級のみ:10万円前後
1級:10万円~15万円程度
期間の目安4~6ヶ月
※FP技能士1級の場合は初学者ではないため4ヶ月くらい

通信教育で学ぶ

通信講座も通学と同じく、開講されているのはほとんどFP技能士2、3級を狙うものになります。
通信講座のメリットは、通学に比べて費用が安いところと、自分のペースで学習を進められつつ学習計画が立てやすいところ。
そしてわからないことは講師に質問できるところです。

費用の目安FP技能士2級(AFP)、3級:それぞれ4万円~10万円程度
CFP:12万円~15万円程度
期間の目安4ヶ月~6ヶ月

独学で学ぶ

テキストや問題集といった必要最低限の費用で済みますし、時間的拘束もありません。
しかし、学習スケジュールをすべて自分で管理することになるので、いかにモチベーションを維持するかがポイントになります。

費用の目安テキスト代:各級1,500円~2,000円程度
期間の目安FP技能士2級で200時間から300時間といわれています。
3級取得者であれば2級のための学習時間は100~150時間くらいが目安

その資格を生かせる職業など

FP資格保持者は主に銀行、保険会社、不動産会社などで、それぞれの依頼人に合わせてライフプランニングや資産計画などを行っています。
実務経験を積むことで将来的に独立開業も目指せますし、上級資格であるCFPを取得できれば国際FPとして幅広い活躍のを得られます。

FPはお金と人生設計の専門家。仕事につながるだけでなく、家計や年金のこと、住宅ローンについてなど日常生活の中でもその知識は十分活かされます。

 

空いた時間に見れる!
スマホで見れる動画レッスンが人気です

ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ